二つ 折り 財布 人気 メンズのスターの製品|クロエ 財布|最高の二つ 折り 財布 人気 メンズ_激安二つ 折り 財布 人気 メンズ mind.


2015-02-06 03:51    二つ 折り 財布 人気 メンズ
 新権令の単身着任は、茨城の場合と同じように、県庁の職員たちを愕かした。  それにしても、県庁に居合せた職員が余りに少い。幹部職員である典事も権典事も大属も、すでに退庁していた。  わずかに残っていた権大属の峯村と言うのが慌てて、県令室に迎え入れる。 「他の者はどうしたのか」  鉄太郎が質問すると、峯村は当惑したような面持で、 「申訳ありませぬ。明日から新年の五日まで、年末年始の休みとなりますので、典事以下、今日は早退致しました」  と、口ごもりながら答えた。 「大分のんびりやっているらしいな、差迫った問題はないのか」 「いや、厳原方面で農民たちが騒いでおる様子です。不平士族がそれを煽動していると言う噂もありますが」 「それを放っておくのか」 「と言う訳でもありませんが、何分、ここしばらく休みが続きますので」 「よし、分った」  鉄太郎は一応、その騒擾《そうじよう》の内容を聴取した上、 「では新年になってから、改めて諸般の報告を受けよう」  と言い残して、官舎に帰ってゆく。  峯村はすぐに河倉典事以下の主だった者に連絡した。河倉らが、  ——そいつは拙《まず》かったな、とりあえず、官舎の方に挨拶に行っておこう、  と、衣服を改め、誘い合せて、権令の官舎に行ってみると、官舎づきの老僕が、きょとんとした表情で言った。