收藏

prada 2つ折り財布編集

(ユナイテッド オム) United HOMME 二つ折り財布 ブラック カラーステッチ カーフレザー×ポニーレザー UH-202 【COLUMBUS(コロンブス) エチケット綿テレンプ セット】
__8,00000
(ユナイテッド オム) United HOMME 二つ折り財布 ブラック カラーステッチ カーフレザー×ポニーレザー UH-202 【COLUMBUS(コロンブス) エチケット綿テレンプ セット】 
[選べるカラー] ガジェット ポーチ レディース 女性 ショルダー型 携帯ケース スマホケース 小物入れ おしゃれ かわいい
__1,50000
[選べるカラー] ガジェット ポーチ レディース 女性 ショルダー型 携帯ケース スマホケース 小物入れ おしゃれ かわいい 
 私は、東條英機を知る多くの時代共有者に会って取材を進めてきたが、実は彼らからも、なんどもこの質問を受けた。東條英機などしらべても何の意味もないというニュアンスが、言外にあった。要職にある人物が、「東條を語ることはわれわれの恥部を語ることにもなる」と本音を洩らしもした。  そういうとき、時代共有者にとっては東條を語りたくないだろうが、しかし私は、もういちど語りたいのだ、と答えるのが常だった。東條英機をあますところなく語りつくすことこそ戦後日本の軌跡を再検討する必須要因になるはずだと、私は答えつづけた。 「東條という人物は、実は、なにひとつ語られていないのではないですか」  そのうち、私はそう答えるようになった。実際、調べれば調べるほどそう思ったのである。  本書では、東條について語られている〈事実〉をひとつずつ点検した。その過程で、東條が在任時に書きのこしたメモ、日記、さらに巣鴨拘置所での所感を綴った「東條日記」、秘書官、副官が書きとどめていたメモ類など、新しい資料も少なからず発見した。  そしてこれらの資料の分析をつうじて、私は、昭和前史の〈基礎資料〉と称するもののなかに、東條英機について語られている部分のいくつかが、虚偽ないし誇張に満ちていることに気づいた。あるいは戦後になって改めて手をいれたと考えても不思議ではない〈資料〉さえあるように見受けられた。はなはだしいのは東條を罵倒するのに急なあまり、歴史的経過を歪めている著作さえあった。  東條を擁護する資料のなかにも、こういった例はみられる。意図的な事実の改変、職務権限を無視して行なった東條の専横的言動などには口をつぐんでいるのだ。また東條擁護論者がその論のなかで、東條英機は常に〈承詔必謹〉であったと強調すればするほど(それもいささか誇張なのだが……)、東條が無思想、無定見だったと間接的に語ることになっているのは皮肉なことだ。その結果、この論者たちがもっとも嫌う〈天皇の責任〉を彼ら自身が逆説的に�証明�することにさえなっているのだ。 〈なぜ東條英機を書くのか〉──という私自身の問いにたいする私自身の回答は、戦後民主主義は虚妄や不毛であったと思いたくない私自身の願望と、この理念を徹底的に貫徹する以外にないという私自身の信念を土台にしていると答える以外にない。 [#地付き]著 者 識  [#改ページ]    上巻──軍内抗争から開戦前夜まで [#改ページ] 目 次  ま え が き
表示ラベル: