プラダ サフィアーノ 財布
null
null その死体と自分とのあいだに、たいした違いがあるようには思えなかった。死は今、猿渡のすぐ背後に立って彼の肩をがっちりと掴んでいた。止まらない下痢便と一緒に、生命が流れ出て行くのが猿渡にははっきりと感じられた。  目を閉じると肉の焼ける匂いがした。染み出た肉汁が火の中に滴る音がした。  その時だった。その時、突然、猿渡の体のどこかが悲鳴を上げた。 『嫌だっ! 死にたくない!』  悲鳴——そう。それは悲鳴だった。猿渡の遺伝子が上げた悲鳴だった。  猿渡に死ぬ覚悟はできていた。だが、遺伝子はそうではなかった。  遺伝子は生きようとしていた。生き続け、自らの遺伝情報を次の世代へと伝達しようとしていた。 『死ぬなっ! 生きろっ!』  遺伝子の指令はすべてに優先した。瞬間、人間としての猿渡は消滅し、代わりに野生の獣が——とてもシンプルで敏感で、恐怖や欲望に忠実な野生の獣が猿渡を支配した。  猿渡は弾かれたように立ち上がった。血走った目を見開き、銃剣の先で死体の腿《もも》の辺りを突き刺し、その一部を毟《むし》り取った。そして——血の滴る肉の塊を口に入れた。数十時間ぶりに取り込まれた栄養素に、遺伝子は歓喜した。  食べるということへの猛烈で、原始的で、根源的な欲望——それが、そのほかのすべての欲望に打ち勝った。脳は考えることを停止し、目は開いているだけで何も見てはいなかった。何の音も聞こえなかったし、匂いもしなかった。味覚さえも麻痺《まひ》していた。  50数年前、あの熱帯のジャングルで——猿渡は死んだ兵士の肉を食った。兵士の肉を夢中で咀嚼《そしやく》し、夢中で飲み下した。それを繰り返した……。  明かりのないボートハウスを夕闇が支配し始めていた。  猿渡はテーブルの上の妻の遺影を見つめた。 「信子……驚いただろ?……俺は人を食ったことがあるんだよ……」  猿渡の足元では今夜11時に爆発する金属製のアタッシェケースが、白く細かい砂に埋もれ始めていた。  その時——
404 Not Found

404 Not Found


nginx