プラダ サフィアーノ 財布
null
null その死体と自分とのあいだに、たいした違いがあるようには思えなかった。死は今、猿渡のすぐ背後に立って彼の肩をがっちりと掴んでいた。止まらない下痢便と一緒に、生命が流れ出て行くのが猿渡にははっきりと感じられた。  目を閉じると肉の焼ける匂いがした。染み出た肉汁が火の中に滴る音がした。  その時だった。その時、突然、猿渡の体のどこかが悲鳴を上げた。 『嫌だっ! 死にたくない!』  悲鳴——そう。それは悲鳴だった。猿渡の遺伝子が上げた悲鳴だった。  猿渡に死ぬ覚悟はできていた。だが、遺伝子はそうではなかった。  遺伝子は生きようとしていた。生き続け、自らの遺伝情報を次の世代へと伝達しようとしていた。 『死ぬなっ! 生きろっ!』  遺伝子の指令はすべてに優先した。瞬間、人間としての猿渡は消滅し、代わりに野生の獣が——とてもシンプルで敏感で、恐怖や欲望に忠実な野生の獣が猿渡を支配した。  猿渡は弾かれたように立ち上がった。血走った目を見開き、銃剣の先で死体の腿《もも》の辺りを突き刺し、その一部を毟《むし》り取った。そして——血の滴る肉の塊を口に入れた。数十時間ぶりに取り込まれた栄養素に、遺伝子は歓喜した。  食べるということへの猛烈で、原始的で、根源的な欲望——それが、そのほかのすべての欲望に打ち勝った。脳は考えることを停止し、目は開いているだけで何も見てはいなかった。何の音も聞こえなかったし、匂いもしなかった。味覚さえも麻痺《まひ》していた。  50数年前、あの熱帯のジャングルで——猿渡は死んだ兵士の肉を食った。兵士の肉を夢中で咀嚼《そしやく》し、夢中で飲み下した。それを繰り返した……。  明かりのないボートハウスを夕闇が支配し始めていた。  猿渡はテーブルの上の妻の遺影を見つめた。 「信子……驚いただろ?……俺は人を食ったことがあるんだよ……」  猿渡の足元では今夜11時に爆発する金属製のアタッシェケースが、白く細かい砂に埋もれ始めていた。  その時——

范冰冰的床戏苹果图片大全图片车晓我爱男保姆同款马甲sys3500蔡依林同款包 铆钉谢娜张杰+水杯daybed木制衣柜 组装 宜家林弯弯卫衣男潮韩版春季纯色牛仔裤 大码 男brivelle espresso hand俄罗斯萝莉童模安吉丽娜雷凌座套 全包蕾丝家具翻新贴纸防水自粘 烤漆孕妇裤夏季薄款短裤可调节外穿刘若英的歌曲为爱痴狂visual web developer女大童游泳衣连体+平角裤内增高女马丁靴短韩版学院马雅舒老公是富豪吗针织开衫女薄款 棉麻 外搭性感睡衣女夏超薄透明 睡袍时尚修身小脚休闲裤男款淡蓝色牛仔裤女小脚 破洞干煸牛肉丝的做法大全狠狠橹一橹小说收纳柜 组装 小老干妈辣椒酱 陶华碧香辣菜小汽车+玩具+电动童车电影院几点关门啊私处美白去黑色素专柜男性都市小说完本推荐男九分裤小脚 显瘦 哈伦密爱暴风影音在线观看玄幻小说书籍全套批发斜挎链条包迷你小包包 个性英雄联盟视频小苍解说2015白色蕾丝雪纺打底衫无袖连衣裙创意玻璃瓶 透明 插花t恤天蓝色女宽松韩版雪纺v领男装春夏季男士休闲裤修身小脚sunningdangdangyhdctrip